FC2ブログ

M's life …handmade diary…

M's lifeへようこそ。針仕事・菜園と庭仕事・パンやお菓子作りを楽しんでいます。作る過程が好きです。 海外ドラマ・映画鑑賞が大好きで、のんびり、のほほんと過ごす 60代の日々の暮らしをとりとめなく綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着実に暮れの用意

2017-11-7
食費をひと月いくらにすれば良いのか、皆目見当もつかず手探りできていたのだが、思い切ってひと月36000円でやりくりをしてみようと思っている。一時はひと月に7,8万も使うような時期があったのだが、最近は5万円内で収めるようにしていた。

出来るかどうかわからないのだが、一日1000円、調味料等に月6000円などと、ざっと見繕っての挑戦だ。というのは、家計相談のコーナーを読んでいて、食費が3万円といった記載を見かけることが多かったからだ。人並みにやれるかどうか、自信は無いのだがやってみようと思っている。

暮れに向かって、主人が一日一箇所丁寧掃除をしてくれている。普段私の掃除の行き届かない箇所を綺麗にしてくれるので、非常にありがたい。先日はユーティ―リティを雑巾がけし、竿まできれいにしてくれた。今日は自転車の整備を済ませ、磨いてくれた。暮れに向かって、少しずつ綺麗にしてくれるので、大掃除などと気張らなくても良いわけだ。

わたしは、家の中の整備に余念がない。二階にウオークインクローゼットが二つあるのだが、ひとつを押入れ代わりの布団収納のリネン室としていた。ところが実際に使ってみて、使い勝手が悪いので、思い切って布団収納を見直すこととした。

実際に使う場所に収納するという事、取りやすさを重視して、余裕のある収納を心掛けることとした。わかりやすく、取り出しやすくを第一にし、ゲストルームにある二畳大のウオークインクローゼットをリネン室にすることにした。今までは私の衣類を収納していたのだが、1階にクローゼットを新たに作ったので、そこに全て移して空けていたのだ。

今までのリネン室に使っていたウオークインクローゼットは主人に明け渡すこととした。今日はこの入れ替え作業に着手した。空いていたクローゼットに布団を移し、新たに空いたクローゼットに主人の衣類を移す。今まで主人の衣類が収まっていた廊下に面したクローゼットにはさて、何を収納しようか~。

今までぎゅうぎゅうに収めていた収納を、8割収納に徹し、使いやすくを徹底させている。

今年は、アンの部屋風屋根裏部屋にゲストルームを一つ作った。ここで使う寝具類は隣の和室の押入れにしまうつもりだ。断捨離で、せっせと要らないものを整理したおかげで、二階の収納は主人の衣類と寝具とをメインにすっきりとした。ぼちぼちと進めるが、年内には仕上げてしまうつもりだ。

来年の主人の年賀状の予約も終了しているし、カレンダーも100均で手に入れて来た。私は年賀状はほとんど止めることとしたが、主人は思いきれないので、図案作成等頭の痛い作業は例年通りに待っている。

今日の献立
五目餡かけソバ (人参を入れ忘れ、彩り悪し)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。