FC2ブログ

M's life …handmade diary…

M's lifeへようこそ。針仕事・菜園と庭仕事・パンやお菓子作りを楽しんでいます。作る過程が好きです。 海外ドラマ・映画鑑賞が大好きで、のんびり、のほほんと過ごす 60代の日々の暮らしをとりとめなく綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開襟ワンピースのリメイクでチュニックを 2完成

2017-8-26
昨日肩を縫うところまで進めたチュニックブラウスへのリメイク作業は、襟ぐりの始末から始めた。こういった場合、多くは見返しを作って始末をしてしまうところだが、今回のブラウスはバイアステープでの始末となっている。どちらかというと見返しに比べて面倒だった。手慣れていないことも要因だろうが…。

襟ぐりの始末が完了すると、最近の簡単洋裁で定番の、身頃に袖をつけて、一気に袖下から身頃脇まで縫い上げてしまう。その後、袖口と身頃裾の始末をして完成だ。襟ぐりで四苦八苦したものの、あとは気持ち良く進んで一気に完了となる。今回のデザインでは前後身頃の中央と袖口にタックを作っているのがアクセントとなっている。そのおかげでゆったりとした雰囲気が、涼しげだ。

気に入っていた裾の前身頃から後ろ身頃へのカーブもうまい具合に出た。これで、古臭いイメージだったワンピースが、ゆったりとしたチュニックワンピースに変身。これならば、白のちょっと丈の短いパンツなどを合わせると良いのではないかしら~などと、使い勝手も良さそうだ。

一昔どころではなく、半世紀ほど前に習った洋裁の知識は、大きく変化していて非常に驚いている。きりびつけも仕付けも要らないのだ。昔流にこだわって、新しい技術の導入に抵抗があったのだが、時代にしっかりとついていかなければ~といった思いに囚われている。

昔風に、身頃脇や肩にダーツを入れた細身のワンピース、時代遅れのデザインだが、これも今風に蘇らしたいなあと、デザインを探している。

今日の献立
豚テキ、温野菜添え・カレー味のスープ・サラダ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。