FC2ブログ

M's life …handmade diary…

M's lifeへようこそ。針仕事・菜園と庭仕事・パンやお菓子作りを楽しんでいます。作る過程が好きです。 海外ドラマ・映画鑑賞が大好きで、のんびり、のほほんと過ごす 60代の日々の暮らしをとりとめなく綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンポケット制作

2017-8-23
昨日作ったホームドレスの残り布を使って、ミシンポケットを作った。

昨年度のハンドメイドのテキストに掲載されていたワンピースを作りたいと、テキストを図書館から借りてきていた。目的のページを読んでみると、作者美濃羽まゆみさんの暮らしぶりが紹介されていて、そんな一コマに、はさみや目打ちを入れておくミシンポケットが紹介されていた。ミシンを使っての作業で糸切ハサミ・目打ちは必須だが、ミシンの周りに適当な収納場所が無く困っていた。

だから、このページを拝見して、良いアイデァだなあ~と早速私も作らせてもらうこととした。私の場合、抑え金などのミシン付属品も収納したくて、小さなポケットも一番外側に作った。内側のポケットは二つに分けて、右には糸切ハサミ・左には目打ち・ねじ回しを収納できるようにした。

それにもう一つ追加したのは、マジックテープで取り外し可能にした針刺しだ。待ち針を打ったままミシン掛けをしていて、待ち針を外して挿す針刺しが欲しいなと思うことがあるので、この場に取り付けた。これで、ミシン掛け作業が快適になる。

私のワークルームは部屋の三分の一を作業コーナーとしている。中央に作業テーブルを置いて、このテーブル針仕事やトールペイントの絵を描いている。キャスター付き椅子の真後ろに、やはりキャスター付きの書類棚を置いて、その上にミシンを置いている。

六段の引き出しには洋裁小物を収納しており、上段にはミシン糸を入れている。作業台で型紙を作ったり裁断をしたりして、手作業をする。ミシン掛けの必要な時に、キャスターを動かして、椅子の右隣にミシンを設置、ミシン掛けをする。もう一台のキャスター付き書類棚にはロックミシンを置き、引き出しには端切れ布を収納している。ミシンもロックミシンもキャスター付きなので、楽に動かせ、手元に引き寄せれば作業できるので、ずっとこの形で作業をしてきている。

ミシンは書類棚に置くとちょうどの大きさで余分なものを置くスペースは無いので、このミシンポケットは非常に便利で使い勝手が良く、このアイデァを戴いて作って良かった。

今日は美濃羽さんデザインのワンピースの型紙をとったので、明日は裁断をし、制作に着手するつもりだ。デザインがシニア向きとして紹介されていないので、さて着こなせるかどうか、大いに冒険なのだが、いざとなれば、娘にあげればよいだろうと気楽に構えている。

今日の献立
焼き鮭、冷奴、ホタテの塩焼きとサラダ、蛸飯、胡瓜の酢の物(写真に撮り忘れ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。